ベトナムでは、車はあくまでもお金持ちの嗜みであり、庶民にはいまだに手の届かない代物です。

サムコ

 

サムコは正式名称をサイゴン交通運輸機械総公社と言って、ベトナムの自動車メーカーです。

 

大型バスやトラックといった車両を生産することで有名な企業です。
社員総数は7000名に及ぶベトナムを代表する巨大自動車メーカーといえるでしょう。

 

サムコは自社ブランドの自動車を生産するというよりは、世界中の自動車メーカーと技術協力をして、日野やいすず、三菱ふそうのトラックなどを生産しています。

 

またユニックや高所作業車などの特殊車両の生産でも大きな拠点となっています。
乗用車ではレクサスやメルセデス・ベンツの車もベトナムに販売しています。

 

実際にベトナム国内で新車販売の上位を占めているのが、トヨタやレクサス、フォード、メルセデス・ベンツといった世界的なトップメーカーです。

 

街中で世界の自動車メーカーの高級車を見かけることも多いベトナムですが、必ずしも車社会が普及しているわけではありません。

 

車はあくまでもお金持ちの嗜みであり、庶民にはいまだに手の届かない代物なのです。

 

ベトナムの自動車事情は格安アジアンカーのコンセプトとしてはやや異なる点があります。

 

それは新車価格の高さです。

 

ベトナムで車を購入すると日本で購入する同セグメントの車よりもはるかに高いのです。
日本で200万円程度の車もベトナムで購入すると500万円近くの金額になるといわれています。

 

その理由はベトナムの自動車税制にあるといわれています。

 

ベトナムの交通環境では自動車が格安で売られて庶民にいきわたってしまうと不都合があるというのが裏事情です。

 

渋滞

 

その不都合というのは渋滞です。

 

したがってベトナムでは車よりもオートバイの方が交通手段として一般的です。

 

世界で一番自動車が高いといわれているベトナムでは、自動車に乗っているということはかなりのステータスになります。

 

このようにベトナムと車事情というのは世界的に見ても独特な特徴があり、今後のインフラの構築がどうなっていくのかがとても気になります。